最近ではいつでもどこでも食材を手にする事が出来るような時代になりました。

コンビニなどもそうですし、24時間営業のスーパーもありますので、欲しいなと思った時に手軽に買う事が出来ます。

ですが、特にコンビニなどで売られているおにぎりやお弁当、パンなどを買う際には少し注意をしなければならない点があります。

それは食品添加物が含まれているかという事。実は、この添加物が子どもの身長の伸びに影響を与えてしまう恐れがある事が分かっています。

既に調理されているコンビニのお弁当や、レンジでチンするだけの簡単なレトルト食品は、時間が無い時には便利ですが、子どもの身長の事を考えるのであれば控えて行く必要があります。

今回の記事では、どうして食品添加物が身長の伸びに悪影響をもたらすのか、また、添加物を含む食品を食べる時の対策についてまとめてみようと思います。

スポンサーリンク



どうして添加物は良くないの?


よく添加物は体に良くないとは聞きますが、具体的にどうしてダメなのかを気にしたことはありますでしょうか。

恐らく知っている方と言うのは少ないようにも思います。何となく良くなさそう程度ですと、あまり危機感は伝わらないですので、ここできちんと知って頂けたらなと思います。

さて、この添加物が身長の伸びの妨げになってしまう理由、それは添加物の一種であるリン酸塩やフィチン酸が原因として挙げられます。

これらの添加物は、美味しく見せるために味を濃くするために含まれている成分ですね。味も強いですので、子どもたちの大好きな食品にも含まれている事が多いです。

ですが、リン酸塩やフィチン酸には身長を伸ばすためには欠かす事の出来ないカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを体外へと排出する働きがあるんです。

せっかく食事やサプリメントからきちんと栄養を補給していたとしても、排出されてしまったんでは意味がありませんよね。

加工食品やお菓子やジュースなどにはこういった添加物が含まれている事が多いですので、コンビニやインスタント食品など簡単な物で食事済まさないようにする事が大切です。

【関連記事】
砂糖やお菓子の摂り過ぎは身長が伸びなくなる原因です!




食品から添加物を取り除くためには?


とは言いつつも、3食きっちり手の込んだ料理を作り続けるのも大変ですよね。

その日の気分によっては楽に済ませたい場合もありますし、体調が優れない時、仕事や家事で忙しい場合だって考えられます。

そんな時には冷凍食品を使う事があるかと思うのですが、少し工夫を凝らす事で添加物を極力抑えられます。

ゆでこぼしが添加物除去に効果的!


基本的には食品に添加物が含まれていますので、ゆでこぼしをする事で完全にではありませんが取り除く事は出来ます。

例えばカップラーメンであれば、お湯を注いで1分間何もしないで置いておきます。そして1分が経過をしたらお湯を捨て、再度お湯を注ぎます。

こうする事で味はかなり薄くなってはしまうのですが、身長の妨げであるリン酸塩から大切な我が子を守る事が出来るようになります。

その他にもハムやベーコンを料理として使用する場合には、さっと10秒ほどお湯に付けるなどをすると、身体に入る添加物を少しでも減らせるようになりますよ。

身長と添加物のまとめ


  • 身長を伸ばしたいのであれば添加物が含まれる食品はなるべく減らす

  • その原因は添加物の一種である、リン酸塩やフィチン酸によるもの

  • 子どもが好きな食品に含まれている事が多く、せっかく摂ったミネラルが無駄になる事も

  • ゆでこぼしを行う事で、完全ではないですが添加物をある程度は取り除く事が出来ます