皆さまは愛情遮断性低身長症(あいじょうしゃだんせいていしんちょうしょう)をご存知でしょうか?

この病気は簡単に説明をすると、子どもが親の愛を感じることが出来ずに身長が伸びにくくなってしまう現象を指します。

一般的に身長が伸びない原因としましては、ご飯が食べられない、夜中まで起きており睡眠時間が極端に少ないなどがありますが、このように特殊なケースもあります。

通常、子どもは親からの愛情を受けてすくすくと成長をしていくのですが、親から虐待を受けているなど、極端に愛情を感じられなければ身長は小さいまま大人になってしまう事もあるんです。

今回はそんな愛情遮断性低身長症について詳しく掘り下げて行き、子どもの低身長化を防止するために意識をしていきたい事について考察をして行きます。

スポンサーリンク



愛情遮断性低身長症が起こる原因とは


具体的には生後間もなく~小学生に上がる頃までの小さい時期に、愛情を十分に感じられなければ愛情遮断性低身長症になってしまいます。

子どもと言うのは第三者からの愛情無しには生きていく事が出来ずに、それがないのであれば身体的にも精神的にも成長して行く事はありません。

例えば、子どもとの会話が極端に少ない、話しかけられても無視をしてしまう、酷い場合は日常的に虐待を繰り返すと言ったものが原因として挙げられるんですね。

愛情を感じられないと、安心出来ると言う気持ちが満たされる事なく、ストレスが溜まっていく事で身長を伸ばすための成長ホルモンが分泌されなくなってしまうんです。

愛情遮断性低身長症になるとどうなるか


親などの養育者からの愛情を十分感じられなければ、成長ホルモンが分泌されていきませんので当然身長が高くなる事はないでしょう。

子どもが愛情不足を感じている多くの場合、食事が満足に与えらていないと言うケースもあり、低身長の他病気にかかりやすくなってしまいます。

また、愛情を受けていませんので、人の気持ちを理解する事が難しくなり、すぐに暴力を振るう、カッとなってしまうなど将来対人関係でも苦労する事にも繋がります。

ある程度自我が芽生えてしまった段階で、人格を変えていく事は困難を極めてしまいますので、幼少期の愛情不足は何としてでも避けなければいけないんです。

愛情遮断性低身長症の見分け方は?


それでは次に、子どもが愛情遮断性低身長症であるかどうかの見分け方について見て行きます。

基本的に愛情遮断性低身長と判断される子どもは、同年代の子どもと比較をしてみても、一目で分かるほど身長は小さく細い体型なのが特徴的です。

例えば、あばら骨が浮き出ていて今にも餓死をしてしまうのではと心配になるような体型でしたり、体は痩せているのにお腹だけぽっこり出ているような栄養障害に似た状態になります。

身体的な特徴以外としましては、表情に乏しい、人(親)にすり寄ろうとしない、些細な事でも感情を露わにするなどが挙げられます。

身長が低い=愛情遮断性低身長症と言う訳ではない


とは言え、身長が低く体が細いからと言って、必ずしも愛情遮断性低身長症かと言われればそういう訳ではありません。

しっかりと子どもに愛情を注ぎ、子どもも毎日笑顔で過ごしている事が出来ているのであれば、身長が低くても愛情遮断性低身長症ではないでしょう。

そもそも、自分の子どもが低身長症ではないか・・・と検索をし、心配をしている程子どもの事を想っているはずですので、叱り方を間違えなければその心配は無用です。

身長が低いのは別のところに原因があるかと思われます。身長を伸ばすためには、きちんとした栄養と充実した睡眠は欠かす事が出来ません。

幼児期の子どもであるならば、たくさん運動をさせご飯をたっぷり食べられるように心がけ、出来る限り9時前には睡眠を取るようにして行きたいですね。

もし、子どもが少食でなかなか食事から栄養を摂るのが難しいと言う場合は、身長を伸ばすサプリメントを使用する事で、1日に必要な摂取量の基準値を到達出来ます。

【関連ページ】
身長を伸ばすサプリメントのおすすめはこれ!-お子様に愛用させたいランキング!-

愛情遮断性低身長にならないために


愛情遮断性低身長症にならないためには、きちんと子どもに対して愛情を持って接しているかが非常に重要となります。

親(特に母親)から毎日楽しい思いをさせてもらっているのであれば、このような愛情遮断性低身長の心配をする必要はありません。

これからも子どもが悲しい思いをしないように、十分愛情を与えて行ってあげて下さいね。

叱り方には要注意!


ただし、叱り方には注意をしなければなりません。子どもが何かやらかした時に、暴力で押さえつけようとするのはしつけではなく体罰です。

まだまだ小さな子どもにとってみれば、大人であるあなたから暴力を受けた時の恐怖は計り知れません。逆の立場を考えてみれば分かりやすいかもしれませんね。

例えば、自分が仕事で何かをミスしてしまった時に、身長2mを超すような大男の上司からビンタをされると思うとどう感じるでしょうか。

普段はニコニコして優しい上司も、ミスをしでかした時は鬼のような形相であなたに襲い掛かる・・。現実にはあり得ない事ですが、子どもはこのように感じています。

暴力と言うと体罰が思い浮かびますが、それだけではなく勿論言葉による圧力も子供にとっては恐怖でしかありません。

暴力ではなく言葉で分かってもらう


子どもはまだまだ小さいですが、親であるあなたがきちんと優しく説明して上げれば理解をしてくれるはずです。

「◯◯をするな!」と上から怒鳴りつけるように叱るのではなく、「どうして◯◯をしたの?」と優しく問いただすような叱り方がおすすめです。

子どもが何かをやらかしてしまう時は、何か裏に根本的な原因がある場合がありますので、それを解決していく事に目を向けて行きましょう。

例えば、子どもが学校で嫌なことがあり、そのストレスを解消する事が出来ず、イライラして親に暴言を吐いてしまったなどが考えられますね。

本当は親に解決して欲しいのに、頼りにしていた親から強烈な言葉を浴びせられたんでは、いよいよ子どもは頼る場所を失ってしまいます。

「そんな言葉は使っちゃダメでしょ?」と優しく笑顔で諭せば子どもは分かってくれますし、優しく接する事で心に抱えた闇を親であるあなたに話しやすくもなります。

ただ闇雲に怒鳴るだけでは、子どもは恐怖を覚えますし、怒っている側も心にモヤモヤが残ってしまいますよね?

愛情遮断性低身長症のまとめ


  • 愛情遮断性低身長症の子どもは身長の伸びが悪くなってしまいます

  • 主な原因として、虐待をする、無視をするなど親からの愛情を感じられない場合に起こります

  • 愛情遮断性低身長症になってしまいますと、病気にかかりやすく人格にも影響が現れます

  • 見た目や仕草などから、愛情遮断性低身長であるかの判断をして行く事が大切

  • あなたの叱り方は大丈夫?毎日の生活の中で子どもに愛情をたっぷり注ぎましょう!