昔から身長に関する噂として出回っているものとして、「筋トレをすると身長が伸びない」と言う物があります。

骨が伸びるはずの成長期に、筋トレをして筋肉が身体にたくさん付いてしまうと、成長を妨げてしまう事が由来として挙げられているようですね。

特にこの問題に関しては、小さい頃からスポーツに取り組まれている子どもたちからの悩みも多く、スポーツのパフォーマンスを上げるための筋トレをどうしてもやる気になれない子も多いんです。

確かに昔から言われている事ですし、ちゃんとした知識を持たない指導者からそのように指導をされると不安に感じてしまうもの。

それでは実際に筋トレをすると身長が伸びない事に繋がってしまうのか、解説をして行こうと思います。

スポンサーリンク



筋トレをしても身長は伸びます


まず初めに結論から申し上げますと、成長期に入る前から筋トレをしていたとしても、身長の伸びが妨げられる事はありません。

噂として広まっているのですが、結局のところ噂でしかなく医学的にも統計学的にも筋トレをしたからと言って背が伸びなくなったと言う報告は一切されていないんです。

まず、筋肉に対する悪いイメージを払拭してもらいたいのですが、筋肉=固いと言うイメージを持たれている方も多いと思います。

カッチカチに固まった筋肉が骨を押さえつけてしまうような気もしますが、筋肉そのものは柔らかく、非常に良く伸びるものとしても知られています。

ですので、筋肉を付けたからと言って身長の伸びが止められてしまうと言う心配はありませんので、例え成長期前であったとしても筋トレをしたとしても問題はありません。

そもそもボディビルダーのような筋肉は付かない


また、これもよく勘違いされる方が多いのですが、「筋トレをするとすぐムキムキになる」。

ちょっと筋トレをしただけでボディビルダーのような筋肉が付くことを恐れて、子どもに筋トレをさせない方も実際に多いんです。

ですが、ボディビルダーの方の筋肉は何年も適切な筋トレと食事を徹底して作り上げられたいわばアートみたいなようなもので、一朝一夕で作り上げられるものではありません。

自重を利用した腕立て伏せやスクワット、体幹トレーニングであれば、どれだけ頑張ったとしても付き過ぎると言う事は無く、むしろ筋持久力が高められますのでガンガン行ってもらって大丈夫です。

ただし、バランスには気を遣う必要があります。例えば走るのが早くなりたいからと、足だけを鍛えるのではなく、腕や体幹部もしっかりとバランス良く鍛える事で効果が発揮されるようになりますので。

実は小さい頃の私がそうでした。学校が終わり、帰宅をすると自重スクワットを500回を日課にしていたのはいい思い出です。(笑)


筋トレをする強度には注意!


筋トレをしても構わないと書きましたが、あくまで軽度~中度レベルの筋トレに留めておきましょう。

やはりまだまだ成長段階である、完全な大人の骨になれていない場合、骨や関節に大きな負担を与えてしまうのはNG行為です。

自分の体重を使った筋トレ(腕立て伏せや懸垂)や、バーベルやダンベルを使用していたとしても持久力を高める事を目的とした重量であれば構いません。

怪我にも繋がってしまう恐れがありますので、1~5回で限界を迎えてしまうような高強度なトレーニングは出来る限り避けておいた方が良いです。

どうしても競技としてパワーが求められるようであれば、自己流でのトレーニングではなく、専門的なトレーニングの知識を持ったトレーナーに教わる事をおすすめします。

【関連記事】
身長と成長痛の関係!オスグッドになると背が伸びないって本当なの?

筋肉が付くことで成長を促してくれる!


身長が伸びる仕組みと言うのは、成長軟骨が増殖する事によりもたらされます。

今まで背を伸ばすための障害となってしまうと言う意見も見られた筋肉ですが、この成長軟骨を増殖させるためには欠かす事が出来ないんです。

筋肉が付くことで基礎代謝(筋肉内で消費されるカロリー)が増えます。代謝が良くなり、血液の流れも改善されていきますので、成長軟骨を始めとした細胞を活性化にも繋がるんですよ。

また、しっかりと筋トレをしてインナーマッスルを鍛える事で、特に意識をしなくても良い姿勢をキープ出来るようになります。姿勢が良いと自ずと身長も高く見えますから、適度に筋トレをする事はいい事ずくめですね。

ただ筋トレをみっちり行うと、筋肉は疲弊状態となってしまいますので早めに対策を取らなくてはいけません。プロテインやおにぎりなど、運動直後にタンパク質や炭水化物を素早く摂る事で疲れにくくなります。

【関連記事】
身長を伸ばすために姿勢が関係していると言われる理由
プロテインを飲むと身長は伸びるの?それとも伸びなくなるの?

そもそもどうしてこんな噂が立つようになったの?


そもそもの話し、どうして筋トレをすると身長が伸びないと言う噂が立つようになってしまったのでしょうか。

実際のところは分からないのですが、筋肉を使う競技(体操やボディビル)の競技者が身長が小さめな事が原因なのではないかなと思っています。

体操の場合、身体を支えなければならない事や身軽な動きが求められますので、身長が小さい事で余分な体重を増やす事のないと言うメリットがあり、ボディビルの場合も身長が小さい事で筋肉が付きやすく見栄えも良いと言うメリットがあるからです。

このような事から、筋肉が付く=身長が伸びないと言った俗説が広まったのではないかと推測をしています。実際には全くの逆で、身長が低いからこれらの競技に活かしやすいと言う事になります。

筋肉と身長に関するまとめ


  • 筋肉の付き過ぎが身長に影響をもたらす事はありません

  • 無理のない範囲であれば、成長期前でも筋トレを行っても大丈夫です。

  • そもそもムキムキになるには相当な努力が必要です

  • きつすぎない強度の筋トレは、スポーツのパフォーマンスアップにも!

  • 筋肉が付くことで代謝アップ!成長軟骨の促進に繋がります





いかがだったでしょうか。

今まで筋トレをすると背が伸びないと言う知識を持っていた方にとってみれば、「え~そうだったの!」と言う記事ではなかったでしょうか。

実際私も小さい頃、親から「筋トレをすると背が伸びなくなるよ!」と言われて筋トレをためらっていたのですが、それも無駄な心配だったと言う訳ですね。^^;

筋トレをしても(筋肉を付けても)身長が伸びないなんて事はありませんので、これからは安心してお子さんに筋トレをさせてあげて下さいね。

ただし、筋トレをして身体を動かすだけでは身長を伸ばす事は出来ません。

しっかり身体を動かし、食事や身長を伸ばすサプリメントからしっかり栄養補給、そしてしっかりと睡眠を取る。

この3つを基本に忠実にこなしていく事が、身長をアップさせるための1番の近道です。