いつまで身長は伸びてくれるの?これは背を高くしたい人が誰しも思う事。

身長の伸びがストップしてしまう目安の1つとして、男性で言えば声変わりが挙げられます。

声変わりを簡単に説明するならば、成長期の最終段階に起こる第二次性徴期の特徴なんですね。

今回の記事では、成長期に声変わりの段階に入ってしまった場合、それ以上身長を伸ばす事は出来ないのか、について書いていこうと思います。

一般的に言われている事、さらには成長期を迎えるのが早かった私の体験談を元に紹介をして行きます。

女性の生理が身長にもたらす効果を知りたい方は以下からどうぞ。

【関連記事】
生理(初潮)が来たら身長は伸びなくなる?女性が気を付けたい事はこれ!

スポンサーリンク



声変わりをすると身長はどうなるか


まず、声変わりをするのは成長期のどの段階にあたるのかを見て行きます。

第二次性徴にはいくつかの区分があり、睾丸が発達する時期もあれば、体毛が濃くなっていく時期もあります。

そして、それらを経て成長期の最終段階として、高かった子どもの声から大人に近づいた低い声に変わって行く訳ですね。

身長の伸びのピークを迎えるのは、成長期に入る少し前の段階ですから、声変わりが起こる=身長が伸びなくなると言われているんです。

つまり、大抵の場合は1年に身長が10m近く伸びた後に、徐々に声変わりをして行き、身長の伸びも緩やかになっていきます。

体も徐々に筋肉が付いてゴツゴツして行き、骨端線が消滅して行く時期となっていますので、身長はそれ以降伸びない傾向にあります。

【関連記事】
身長はいつまで伸びてくれるの?骨端線が秘密を握るカギだった!

声変わりにも段階があります


とは言え、声変わりをしたからと言って今後一切身長が伸びなくなると言う訳ではありませんのでご安心ください。

一言に声変わりと言ってもある程度段階があり、変わり始めた子どもがいきなりおじさんのような渋い声にはならないですよね。

声が変わり始めた最初の頃は、声に特有の響きがあります。若さを表した声と言うか・・声は変わっているんだけど、成熟していない声と言うと分かりやすいと思います。

完全に大人の声に移行するまでにはおよそ5年程かかると言われており、少し声が変わったからと言ってその声がずっと続くと言う訳ではありません。

私もたまたま昔の声変わりが起こり始めた当初のホームビデオを見たのですが、今の自分の声とは全く違っている事に驚いてしまったぐらいです。笑

声変わりが起きない・・身長に影響は?


周りの子達はみんな身長も大きくなって、声変わりもしてまるで大人みたい。

でも、自分は中学生になってもいつまで経っても声変わりもおきないし、1年でグンと伸びる事もない。

このまま成長せずに大人になってしまうのかな・・・。


このように声変わりに関して不安を感じている子も多いようですね。

ただ、なかなか声変わりをしない(=成長期が訪れるのが遅い)と言うのは身長を伸ばす面から言えば有利なんですよ!

例えば、成長期が早く訪れる場合と言うのは、一時的には同年代の子よりも大きくなるのですが、周りが伸びて行く時期に身長が伸びなくなってしまいます。

逆に成長期を迎えるのが遅いのであれば、ゆったりと身長は伸び続ける上に成長期にもグンと身長が伸びてくれますので、最終的な身長は大きくなりやすいんです。

12歳で成長期に入ってしまう子と、16歳になってようやく成長期入る子。どちらが身長の伸びる時期が長いかは一目瞭然ですよね。

余程食事が満足に摂れていない、夜中までゲームなどで起きていると言う状況でない限りは、成長期が遅くても身長に関して言えば心配する事はありません。

最終的な身長を高くしたいのであれば、このように成長期に入る時期を少しでも遅らせる事が大切なんです。

【関連記事】
身長を伸ばすために成長期は大切!あなたの生活習慣は大丈夫?

声変わりをしたら本当に身長は伸びないのか?


それでは次に、声変わりをしてしまった子どもは本当に身長が伸びなくなるのか、について見て行こうと思います。

これについては理屈を説明するよりも、実体験を元にして行く方が信憑性が高いと思いますので、私の体験談を話させて頂きますね。

声変わりの時期が早かった


私の場合元々は身長が低く、小学校低学年の頃までは前から数えた方が早かった程背は低かったですね。

ですが、成長期を迎えるのが早く、小学4年生の後半ぐらいから徐々に身長が伸び始め、5年生になる頃にはクラスの中でもかなり身長が大きくなりました。

当然この段階で成長期を迎えたワケなので、5年生の11月頃ですかね、少しずつではありますが自分でも理解できる程、声変わりをしていったんです。

その後の身長の伸びは?


声変わりが始まった段階での身長は、記憶は曖昧ですがおよそ155cmぐらいだったと思います。

小学5年生の男子の平均身長が145cmですので、同年代の子と比較をしてみても相当大きいですよね。

確かに既に1年間で10cm以上伸びるピークを迎えていましたので、その後も同じようにグン!と伸びる事はありませんでしたが、緩やかに伸びていきましたよ。

最終的な身長は172cmで止まってしまいましたが、それでも声変わりが始まった段階よりも17cmも伸びてくれた事になります。

声変わりをしても努力次第で何とかなる


子どもの時から、身長を大きくする事が目標でしたので、毎日身長を伸ばす努力は欠かす事はありませんでした。

野菜なども好き嫌いはせずに1日3食、時には4食しっかりとバランスの良い食事を心がけていましたし、毎日部活、さらには自主トレーニングなど筋肉を使う運動も心がけました。

当時は携帯電話を持っていませんでしたので、交流をするために夜更かしをする事もなく、毎日22時には寝る生活をしていたので声変わりをしても身長が伸びてくれたのだと思います。

もちろん、どんな手段を使ってでも身長を伸ばしたかったので、親にお願いをして身長を伸ばすサプリメントなども買ってもらいましたねー。

父親が170cm、母親が150cmですので、両親の身長から導き出される計算式にあてはめると168.5cmですので、目標身長よりは4cm高く出来たので今では十分満足しています。

両親の身長から最終身長を導き出す詳しい解説はこちら。

【関連記事】
身長って遺伝だけが全てじゃありません!伸ばすチャンスはいくらでもあります!

その時は声変わりをしたら身長が伸びないと言う知識がありませんでしたので、黙々と努力をする事が出来たのですが、知っていたら身長を伸ばす努力はしなかったかもしれません。

ネットなどを検索してみると、他にも声変わりをすると身長が伸びないと言った記事を見かけますが、そこで「あぁ、もう身長は伸びないんだ」と落胆して伸ばす努力を止めてしまったんでは本当に伸びなくなってしまいます。

伸ばすチャンスは骨端線が完全に消失するまで!


私のように声変わりをしても、努力次第で10cm以上身長が伸びると言うケースもあります。

もし、夜更かしをしたり食事も適当に済ませていたとしたら、もしかしたら170cmに到達する事も無かったのではと感じます。

これには骨端線が関係をしており、例え声変わりの時期に入ったとしても骨端線が少しでも残っている限りは身長が伸びる可能性があるからです。

確かに声が変わり始めたら、1年間に10cm近くグーンと伸びる事はないかもしれませんが、それでも数cmずつゆったりと伸び続けてくれます。

大人になってから身長を数cm伸ばすためには姿勢などを矯正する必要があるのですが、一度身長が伸びてしまえば、余程の事が無い限り縮むと言う事はありません。

身長を伸ばすために大事なことは、とっても基本的な事を忠実に実行して行くことが大切です。食事・運動・睡眠この3つを疎かにしていたんでは身長は伸びてくれません。

規則正しい生活を行っていく事が、身長を伸ばして行く上で1番の近道であると言えるでしょう。ただ、ここ数年の子どもは、身長を伸ばすための栄養素の摂取量が極端に低いと言われています。

成長期の子どもは大人以上に栄養素を摂らなければならず、自分ではきちんと摂れているつもりでも、基準値を満たしていないと言うケースも多いんです。

そのような場合は、食事+サプリメントの摂取が大切です。身長を伸ばすサプリメントであれば、1日に必要な栄養を手軽に補給出来ますので、食の細い子でも安心して背を伸ばす事が可能です。

【関連記事】
身長を伸ばすサプリメントのおすすめはこれ!-お子様に愛用させたいランキング!-

身長と声変わりのまとめ


  • 声変わりをすると身長が伸びなくなるは本当!

  • 声変わりの時期が遅いと、最終身長は高くなりやすい

  • 声変わりを迎える時期が早ければ、最終身長は大きくなりにくい

  • 骨端線が消失するまでがチャンス!サプリメントなどからきちんと栄養を摂ろう

  • しっかりと身長を伸ばす努力をする事で、声変わり以降も身長を伸ばす事が出来ます!