身長を伸ばしたい、でも具体的にはどうしたらいいの・・?

多くの方が高身長に憧れ、自分もスラっとした体型を手に入れてたらなと夢を見ますよね。

当然私もその一人で、中学生ぐらいの時には毎日身長を伸ばす努力をしていたのも今となっては良い思い出です。

例えば、人一倍牛乳を飲む事もあれば、夜は早めに寝ていましたし、仰向けになり10分間近く伸びをして1mmでも身長を伸ばそう!と言う時期もありました。(笑)

今でこそ大人になってしまいましたので、これ以上身長が伸びる事はないので残念ですが私の事はさておき、今よりもっと大きくなり最終身長を高くしたいとお考えの方も多いはず!

かつての私と同じ悩みを抱えている中学生・高校生、または小さな子どもを持つ親御さんに向けて、身長を伸ばす方法についてまとめてみました。

身長を伸ばすために重要な事を各個ページに記載してありますので、時間のある時などにゆっくり目をお通し下さいね!

1.身長はいつまで伸びてくれるの?



まず皆さまが気になるのは、いつまで身長が伸びてくれるのかと言う事ではないでしょうか。

自分はまだ身長は伸びる可能性があるのか、もしかしたらもう今後一切伸びる事はないのではないか・・不安に感じてしまいますよね。

実は身長が伸びて行くためには、良質な食事や睡眠などではなく、まずは骨端線と呼ばれる成長軟骨が体に残っているかどうかが重要になります。

1-1.骨端線とは?


骨端線とは骨と骨のちょうど間にある成長軟骨で、成長ホルモンが分泌をし作用する事で細胞分裂を繰り返し、骨が成長(=身長が伸びて行く)事になります。

ただこの骨端線、子どもの頃には誰にでもあるのですが、体が成長をし、高校生~大人になるにつれ消滅して行くのが特徴となっています。平均して男性であれば17歳、女性であれば15歳で完全に消失すると言われています。

具体的に説明をしているととても難しくなってしまいますので、一言で説明するのであれば、骨端線が残っていれば身長はまだまだ伸びて行きますし、骨端線が消失しているのであればこれ以上身長を伸ばす事は出来ないと言う事になります。

現実的な事をお話しして申し訳ないのですが、残念ながら骨端線が消滅してしまった方は、今後どのような努力をしても大きく身長を伸ばす事は難しいと考えられます。

ただ、稀に大人になっても身長が伸びた!と言う報告もされているようですので、本当に身長を伸ばしたいのなら最後まで希望を捨てずに姿勢やO脚を改善するなどの努力をしてみるのもアリだと思います。

【身長はいつまで伸びるの?】に関連したさらに詳しい記事はこちら↓

身長はいつまで伸びてくれるの?骨端線が秘密を握るカギだった!

大人が身長を伸ばすために必要な事とは?

声変わりをすると身長が伸びなくなるって本当?

生理(初潮)が来たら身長は伸びなくなる?女性が気を付けたい事はこれ!

2.身長って結局遺伝なんじゃないの?



画像著作者:swambo

はい、確かにその通りです。身長と遺伝は大きく関係しているため、両親の身長からある程度最終身長は予測する事は出来ます。

最終身長が遺伝に関与している割合はおよそ80~90%であるとされています。残りの10~20%の生活要因を努力する事で少しでも身長を高くする事が出来る訳ですね。

また、遺伝についてなんですが・・・、色んなサイトを見ていると、身長と遺伝の関係性は25%程度しかないと書かれているようなページもありますがこれは間違いなんです。

2-1.身長と遺伝についての誤解


身長と遺伝はどういう関係なのだろう・・?と、インターネットを使って既に別のページを検索された事のある方は「あれ?他のサイトではこんなに高くなかったよ?」とお気づきだと思います。

本当であれば遺伝が身長にもたらす割合は9割近くであるのに、どうして別の色んなサイトはこれほどまでに低い割合を記載をしているかご存知でしょうか?

例えば、身長に関する専門的なサイトが、「遺伝が身長に与える影響は低いです。サプリメントを使えば低身長は解決されます」と記載していたら、「もしかしたら身長が伸びるかも!?」って期待をしてしまいますよね。

これは少し複雑で、お金の話しが絡んできてしまうのですが、こうした悩みに付け込んで無理矢理にでもサプリメントを販売し、利益を得ようと言う個人ブロガーの方が後を絶たないんです。

今では個人でも簡単にインターネット上に情報を書きこむことが出来ますので、正しい知識を持っていない方があたかも専門的なサイトを装って作成している場合があります。

ネット上に遺伝は25%であると言うウソが書きこまれ、それを信じた別の個人が自分のサイトに遺伝は25%であると言うウソを書き込む・・・。こうした無限ループが起きているんです。

あなたが参考にしている身長のサイト、本当に信頼出来ますか?当サイトでは、著書や専門家からの対談などを元に、出来る限り正確な情報を伝えて行くように心がけて行きます。

【身長って結局遺伝なんじゃないの?】に関連したさらに詳しい記事はこちら↓

身長って遺伝だけが全てじゃありません!伸ばすチャンスはいくらでもあります!

3.身長を伸ばして行くために必要な事3つ!


前置きが長くなってしまいましたが、それではいよいよ身長を伸ばす方法について解説をして行きます!

まだ成長期に入っていないお子さん、中学生~高校生が身長を伸ばして行くために必要な事として主に3つが挙げられます。

それが、食事・睡眠・運動、この3つになります。身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌が欠かせないのですが、この3つを充実させる事で分泌量を高める事が出来るんです。

それぞれ、どのような効果をもたらしてくれるのか、各項目に分けて説明をして行こうと思います。

3-1.食事



私たちの体は、食べたものによって作られており、何をどのように食べるのかは身長を伸ばす上でとても重要になってきます。

例えば、毎食がっつりと栄養のある食事を心がけている人と、適当にインスタント食品やお菓子で済ませてしまう人、どっちが健康的な体かって一目瞭然ですよね。

身長を伸ばしていくために食事で心がけて行きたいのは、あらゆる栄養素をバランス良く取り入れる事が身長を伸ばして行く上で1番の近道になります。

よく、身長を伸ばしたいからと、お肉やお魚、さらにはプロテインなどのタンパク質を多く含む食材をメインにし、野菜などはあまり食べないと言う方もいますがそれは間違い!

各栄養素にはそれぞれ独自の働きがあり、例えば、炭水化物には体を動かすためのエネルギー源と言う働きがありますし、ビタミンには体の調子を整えたり代謝に関与する働きがあるんですね。

どれか1つでも欠けてしまいますと、体は正常な働きをする事が難しくなってしまい、身長を伸ばすためにタンパク質をたくさん摂っていたつもりが、逆効果になってしまう事も考えられます。

そのため、タンパク質やカルシウムだけをたくさん摂るのではなく、好き嫌いはせずにバランスの良い食事を心がける事で、意識をしなくとも身長が伸びて行くと言う訳なんです。

本来であれば食事など自然のものから栄養を摂る事が好ましいのですが、どうしても1日に必要な栄養素の量に不安を感じるようであれば、身長を伸ばすサプリメントなどを摂取して行くのもおすすめです。

⇒身長を伸ばす食事のさらに詳しいページはこちら!

3-2.睡眠



人は1日活動して溜め込んだ疲れを、ぐっすりと睡眠をする事で取り除いています。

眠っている間(特に22~3時頃)に成長ホルモンが分泌されていき、体全身を休め、小さい子どもであれば身長を伸ばして行くために必要であると言う訳です。

逆を言えば、良質な睡眠を取る事が出来なければ、どれだけ食事やサプリメントなどから栄養を摂っていたとしても、理想的な身長になれない可能性だってあるんです。

しかし、ただ眠っていれば良いと言う訳でもないんですよ。ここで言う良質な睡眠とはノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りの事です。ぐっすりと眠りに就き、途中で起きることなく気が付いたら朝が来たと言うのが理想的ですね。

しっかりと眠れている事で成長ホルモンの分泌量も増えて行き、骨に働きかけ身長が伸びて行くための準備が出来ている事に繋がって行きます。

今では時代も進歩していき、小さなお子様でもスマートフォンを持つようになりました。こうした電子機器は睡眠前に使用する事で目が冴えてしまう原因となり、眠りを妨げてしまう恐れがありますので、寝る数時間前には使用を控えるようにしていきましょう。

こちらも一度には書ききれない量となってしまいましたので、身長と睡眠に関する記事を1ページ毎にまとめました。さらに詳しく知りたい!と言う方は睡眠のコラムも併せてご参照ください。

⇒身長を伸ばす睡眠のさらに詳しいページはこちら!

3-3.運動



適度に体を動かす事は、健康を促進して行く上でとても欠かせない事になります。

まず体についてしまった余分な体脂肪を燃やしていくためのダイエット効果もありますし、運動を行うと精神的にもリラックス出来ますのでストレス発散効果もあります。

特に運動を行う事でもたらされる効果として最も身長において重要なのが、成長ホルモンの分泌です。走る、投げる、蹴る、と言った動作をする事で筋肉が刺激されて、脳から成長ホルモンの分泌を促す働きが起こります。

また、運動を行う事のメリットはそれだけではなくて、体を思いっきり動かすとエネルギーが使われますよね。エネルギーが失われるとそれを補おうとする働きが起こり、新陳代謝が促進され食欲が湧いてきます。

身長を伸ばすためにはたくさんご飯を食べて栄養を取り入れる事が大切ですので、食が細くてご飯があまり食べられない子は適度に運動を取り入れてみる事できちんと食事を摂る事が出来るのでおすすめですよ!

程よく心地よい疲れが体に残りますので、夜の睡眠だってぐっすりと眠れるようになります。運動をして成長ホルモンを分泌させ、眠っている間にも成長ホルモンをドバドバ分泌させる。運動って子どもが身長を伸ばす方法としてはとっても大切なんです。

将来的に男性であれば180cm超え、女性であれば165cm越えを目指していくのであれば、毎日適度な運動を継続していく事が求められるんですね。

ただ、身長と運動の関係性についてもまだまだネット上では色々と誤解されているポイントもあります。

例えば筋トレについてもそうですね。子どもの内から筋トレをしてしまうと身長が伸びなくなると言われていますが果たしてそれは本当なのでしょうか?

正しい知識を身に着けていただくためにも、是非とも身長と運動のコラムについても見て頂けたらなと思ってます。

身長と運動についてのさらに詳しいページはこちら!