小学校や公園などに行くと、自分よりも背の高い鉄棒などがありますよね。


私も小さい頃によく友達と連続で逆上がりを何回出来るのかを競って遊んでいたり、大人になった今でも懸垂をして身体を鍛えるために大きな鉄棒にはお世話になっています。


さて、このような鉄棒で行える運動と言うか、背を伸ばす事が期待出来るものとして「ぶら下がり運動」があります。


子どもの背を伸ばすために、1分間ぶら下がり続けなさい!と指導をされる方もいらっしゃるようですが、果たしてぶら下がりには身長を伸ばす効果があるのでしょうか?


スポンサーリンク




ぶら下がり運動をしても背は伸びません



初めに結論から申し上げるのですが、ぶら下がり運動をしたところでそれが直接身長に影響をもたらすかと言われればそういう訳ではありません。


確かに鉄棒に掴まりぶら下がる事で、全身がまるで固い棒になったかのように錯覚するため身長を伸ばす効果があるのでは?と思ってしまうかもしれませんね。


実は私も子供の時は少しでも大きくなりたい・・!と夢を見ていましたので、事あるごとに鉄棒や家の柱の出っ張り?などにぶら下がっていた事もあったんです・・(笑)


ぶら下がりを終えた後は体に程よい刺激が加わるため、数cmは身長が伸びたのでは!?と感じますが、これは骨が伸びたのではなく、骨と骨とを結ぶ軟部組織が伸ばされた事によるものです。


軟部組織の働きで1日の身長に誤差も?



この軟部組織が特に多く集まっているものとして「背骨」が挙げられます。


背骨には大きく分けて5つの部位があり、それぞれ頸椎が7個、胸椎が12個、腰椎が5個、仙骨が1個、尾骨が1個で構成されています。(仙骨と尾骨はさらに細かく分類されます)


これらの1つ1つの骨と骨との間には軟部組織があり、伸縮しやすいと言う特徴があるんですね。


例えば、朝目覚めた時などは、軟部組織が伸びた状態となっているのですが、日中活動している事で重力が掛かり軟部組織も押しつぶされてしまいますので、朝と夕方に身長を計測してみると1~2cmも違う!と言うのはよくある事なんです。


ぶら下がりをする前に身長を測り、ぶら下がった後に身長が数ミリから1cm程伸びている事もあるのですが、縮こまっていた軟部組織がぶら下がる事によって引き伸ばされたためにこのような変化が起こると言う訳ですね。


一次的には伸びるのですが、1日経てばまた元通りの身長になってしまいます。


ぶら下がりで身長が伸びたのは偶然かも



よくネットを使って「ぶら下がり 身長」などで調べてみると、ぶら下がりをしたら身長が伸びたから関連性があるのかも?とか、


バスケの神様マイケル・ジョーダンがぶら下がり続けたら196cmまで急激に伸びた!と言った内容を目にしましたが、これは偶然ではないかと思います。(^_^;)


身長を伸ばすためには食事や睡眠、さらにはサプリメントや遺伝などあらゆる要素が複雑に絡み合って決まるものなので、ぶら下がりが身長を伸ばす事に関与したように思えるのも無理はありません。


ですが、先ほどにも申し上げました通り、ぶら下がり運動をしたからと言って身長が伸びる訳ではなく、軟部組織が一時的に伸びた結果となっています。


とは言え、ぶら下がりを行う事は身長を伸ばす事ではなく、他にも私たちの身体に大きなメリットをもたらしてくれますので、それについてもご紹介致しますね。


ぶら下がりを行う事で期待できる効果は?



筋肉のストレッチになります



まず第一として挙げられるのが、ぶら下がる事によって筋肉が引き伸ばされストレッチ効果が期待できるという事です。


腕を上に伸ばしぶら下がりますと、広背筋(こうはいきん)と呼ばれる肩甲骨付近の筋肉が引き伸ばされていきます。


特にこの肩甲骨周りが硬くなってしまう事で、血液の流れが滞ってしまいますので、身体が冷えやすいなどの弊害が起きてしまいます。


成長期であれば、身長を伸ばすためには血液の流れを良くし、そこから運ばれる栄養を隅々まで届けて上げる必要があるので、肩甲骨を柔軟に保っておくのは大事な事なんですよ。


姿勢を良く保ちながらぶら下がる事により、広背筋だけでなく腹筋やインナーマッスルもストレッチをする事が出来ますので、スポーツを行う方にとっては安定した軸を作るためにも有効です。


ぶら下がり運動で筋肉の柔軟性を高めつつ、縄跳びのような全身運動を行う事で無理なく体力も同時に高める事が出来ますのでおすすめです。

【関連記事】
成長期の縄跳びは身長アップに効果的?

猫背の改善にも



ぶら下がる事で広背筋を始めとした筋肉を引き延ばせますよ、という事ですが、それに関連して猫背の改善にも役立ちます。


猫背とは背中が丸まってしまい、肩が身体の中心線よりも前に行き、頭が前方へと落ち込んだような感じになっているのが特徴です。


実際ぶら下がってみると分かりますが、ぶらさがった時の姿勢と言うのは胸が張れており背筋もピンとした理想的な姿勢になっています。


むしろぶら下がった状態で猫背の姿勢を作ろうとしても、筋肉の力が必要となってしまいますので難しく感じる場合がほとんどだと思います。


猫背の原因は姿勢が悪い事にも繋がっているのですが、ぶら下がる事で自然といい姿勢が作れますので、猫背改善の第一歩を切る事が出来ますよ。


【関連記事】
身長を伸ばすために姿勢が関係していると言われる理由

ぶら下がりと身長のまとめ



  • ぶら下がっても身長そのものを伸ばす事は出来ません

  • 骨と骨の間の軟部組織が伸ばされるため、一時的に身長は伸びます

  • 身長を伸ばす事を目的として行うのではなく、補助的なものとして行いましょう

  • 筋肉を伸ばせますので、広背筋を始めとしたストレッチに効果的!

  • いい姿勢をキープできるので、猫背を改善したい方も始めてみましょう!